3分で分かる『公務員』の志望動機作成法!「~できる」を主張せよ。

 

こんにちは
ゆーとです。

 


公務員の面接対策で

公務員の志望動機を考えるのはとても難しいです。

 

 

みんな、似たような志望動機になってしまうのが現実です。

 

 

面接官が内定を出したくなるレベルの志望動機を作るには

凄い労力がかかります。

 

それでも

地元以外の志望動機なんて無いというのが本音だと思います。

 

 

しかし説得力のある志望動機は

合格(内定)の為に1番大切です。 

 

 

 

そこで今回は!

 

 

面接官があなたに内定を出したくなる

 

 

「公務員、志望動機の考え方」

f:id:yuto34:20171215001739p:plain


をあなたに伝えます。

 

熱意の伝わる志望動機を考えることは

公務員になるために必須です。

 

 


これを読めば

 

あなたの面接対策によって

 地元以外の自治体でも

 

 

・公務員を志望する理由を
 明確に面接官に伝えることが出来ます。

 

・あなただけの「強み」を

 面接官に100%伝えることが出来ます。



志望動機が明確になれば

 

 

どんな質問にも
対応できるようになります!

 

 

 

・面接が圧迫であろうが
・唐突な質問が飛んでこようが

 


あなたは、全く動揺せずハキハキと
自分の意見を述べることが出来るようになり

 

 

 

「こいつ、できる!」

f:id:yuto34:20171215003017p:plain

 

と面接官を感動させることが出来ます。

 

 


逆に

この記事を逃すと

 

あなたは、
論理破綻した志望動機を発言する可能性があります。

 


面接官からは

志望動機も話せない奴...」

 
低評価を食らう羽目にあい

 

 


面接開始たった1分で
あなたの不採用が決定します。

f:id:yuto34:20171215003448p:plain


ぜひ記事に目を通して下さい。

______________

 

 

 

 

志望動機は

こうやって作れ!

f:id:yuto34:20171215003630j:plain

 

ハッキリ言うと

 

公務員の志望動機というのは
大きな差別化を図ろうとするのが

 

難しいです

 


変に違ったことを言うと

 

「公務員の仕事理解しているのかよ...」

 

と疑われかねないので


自分のやりたい仕事を
素直に語る必要があります。

 


ただし

以下の点を踏まえるだけで

 

あなたの志望動機は
他の受験生をぶっちぎります。

 

 

 


※「~したい」だけで

志望動機を終わるな!

f:id:yuto34:20171215003941j:plain

 


よくある志望動機に


私は~に携わりたく

志望しました。

 


という形の志望動機がありますが、

 


これだけでは
あなたは内定レベルまで到達できません

f:id:yuto34:20171215004145j:plain

 

 

 

 

 

※なぜダメなのか?

f:id:yuto34:20171215004320j:plain

 


「自分の都合」「情」だけで

志望理由をアピールしているからです。

 

 


これだけでは面接官は納得できません。

 

 

なぜなら

 

自治体はあなたを雇ったら
定年まで3億円近い給与を払うわけですが

 

 


「給与以上の働きをして
地域に貢献してくれるのか?」

 


面接官は判断できないからです。

 

 

加えて


「その話本当かよ?」

 

疑われる事が考えられます。

 

 

 


どうすれば良いか?

f:id:yuto34:20171215004634j:plain

 

「~したい」に加えて

 

 

「~できる」を

アピールして下さい!

 f:id:yuto34:20171215004842j:plain

 

 

あなたが考えるべきは

 

「どう自治体に貢献できるか?」 

という視点です。

 

 

公務員試験を受験する人は

少なくとも18年間の人生経験があるはずです。

 

 

別の表現をすれば

 

今までに何を学び、

どう職務に活かすか?

 

 

という視点です。

 

 

 

 

これが出来ると

 

過去→未来の軸が生まれることで

 

論理性のある主張が生まれますし

 

 

 

やっぱり

 

職務に対する『意図』を主張されると

面接官は受験生から意欲を感じます。

 

 

 

※具体的な考え方

 



自分のやりたい職種の
仕事内容を理解した上で


「その仕事のできる人物像」

 

明確にしましょう!
  

 

「自分もそうなれる!」


と面接官に証明するのです!

 

 

この時


証明材料として

あなたの「過去」のエピソードを使います!

 

 

 


「相手の利益」視点で考える

f:id:yuto34:20171215005309p:plain

 

「安定しているから」

「やりがいがあるから」

 

なんていう理由では内定は出ません!

 

 

地域が発展する為の

"戦力"になれることを伝えるのです!

 

 


☆例文☆

________________

自分は過去に~の経験をしてきました。

 

この経験を活かして〇〇市の重点施策である課題に
~という形で、私の力を役立てると考え

志望させて頂きました。

 ________________

 

 

このような形で
あなたの志望動機に


「~できる」を加える事が重要です!

 

それでは

今すぐ

 

 

あなたの

・「~の実績がある」
・「~の経験がある」
・「~の努力をしてきた(している)」


を考えみて

 


あなただけの
「~できる」を考えてましょう!

 


この一手間で
あなたの志望動機は

 

他の受験生を断トツで抜き去ります!

 

絶対やってください。

f:id:yuto34:20171215005617j:plain

 

 

あわせて読みたい】 

・魅力が3倍伝わる『自己PR』の作成法

 

 

 

 

       ※面接試験を突破して 

あなたが公務員人生を迎えるため


【対策法を配布中!】

 

 


只今以下の

 

面接対策法(PDF)
無料配布しています。

 f:id:yuto34:20180110162616p:plain

 

面接官が感動する『志望動機』『自己PR』作成法。
圧迫面接の対処法
どんな質問にも応用できる『自己分析』法

 

 

これら無料で手に入れることが出来ます!

↓ ↓ ↓

初心者からでも

面接マスターになる

 

 

※定員に到達次第ダウンロードできなくなります。

 

 

今日は以上です。
ありがとうございました。